2022年01月06日

GO TODAYアンバサダーとしての再出発! 日本と海外2拠点生活で自分らしく生きる – RINKA / SHAiRE STORY

働き方の選択肢が広がり、美容師の魅力や能力が解放される時代がきました。GO TODAY SHAiRE SALONには、自身の能力を最大限に発揮する『次世代型ビューティシャン』が集まっています。

そんな次世代のビューティシャンたちを紹介し、働き方に悩む美容師・ネイリスト・アイリストの背中を押す、SHAiRE STORY。今回はGO TODAYの初期メンバーとしてフリーランス美容師の道を切り開いたRINKAさんです。他シェアサロンへの移籍を経験し、2022年にGO TODAYに復帰。GO TODAYの顔となるアンバサダーとしての活動をスタートしました。

そんな彼女に「他シェアサロンを経験して見えたGO TODAYの魅力」や「アンバサダーへ就任した背景」、そして「日本と海外2拠点生活への挑戦」について語っていただきます。

有名店でデビューしたけれど…
夢のために働き方を見つめ直した

高校時代から海外に興味がありました。でも留学や滞在するための資金がなかったので、自分でお金を貯めて夢を実現したいと思っていたんです。モチベーションが高かったこともあり、有名店に入社し同期の中では一番早くスタイリストデビューしました。サロンの歴代最速レベルの早さです。

ところが、毎日とても忙しいし、頑張って売上を上げても、なかなかお給料を増やすことができませんでした。時間もないし、お金もないし、疲れて体力も落ちてしまう…という日々だったんです。海外に行きたいと思っていたのに、それも叶わず悶々としていました。そこで、自分らしく生きていくために、働き方を見直すことにしたのです。

ちょうどそのころ、以前の勤めていた後輩のツテでフリーランスという働き方を紹介してもらうために、GO TODAYに見学に行きました。そこで「時間の使い方もお給料も自分次第…こんな働き方があるんだ!」とびっくりしたことを覚えています。忙しく働くのが当たり前だったこともあり、自分らしく働いて、時間もお金も満足できるなんて信じられませんでした。

サロンのネームバリューを失った自分が美容師としてやっていけるのかという不安もありましたが、働き方を自由に設計できるし、お給料の歩合も大きいとわかったので、フリーランスになったんです。

1年で3カ国旅行!「楽しそうでいいね!」と羨ましがられた

フリーランスになった初月は不安もありました。でも、3カ月くらいしたら大丈夫と思えるように。Instagram経由で順調に予約が入りましたし、歩合の割合が大きいので、無理して予約を受けなくてもしっかりと稼げることがわかったからです。

時間にも余裕が生まれたので、念願だった海外旅行を実現できました。1年で3カ国くらい巡り、楽しい思い出がたくさんできましたし、その様子をInstagramで発信したら、お客さまや元同僚が「めちゃくちゃ楽しそうでいいね!」と。本当にすごく充実した毎日でしたね。

GO TODAYで丸1年働いたのち、前職のサロンの先輩の勧めで、別のシェアサロンに移籍しました。正直、GO TODAYに不満はなかったのですが、自宅から乗り換えなしで通えるシェアサロンの立地はいいなと…。「若いスタッフを集めている」と聞いたので、活気があっていいかもしれないと思いましたし、サロン立ち上げの最初から参加できるところにも惹かれたんです。

一度離れたからわかる
GO TODAYの優れた仕組み

移籍したシェアサロンからGO TODAYに復帰したのは、一度離れたことでGO TODAYの良さを実感したからです。サロンの設備などは、GO TODAYも他のシェアサロンと変わらないと思います。違うのは「仕組み」の部分です。

他のシェアサロンに入ったときは、まだできたばかりということもあり、初日にレジが壊れて、手動のお会計になったりなど、トラブルが結構あったんですよ。それがあったから、GO TODAYの場合は、美容師を困らせるトラブルが起こらないように、しっかりとサロンが設計されていることに気づきました。

特にGO TODAYの店舗にいる「コミュニケーションマネージャー」の存在はとても大きいと思いました。「シェアサロンの使い方のマナーを守らない人がいる」とか、「材料や機材などの備品を壊した人がいる」など、トラブルが起こったときに、当事者であるフリーランス美容師同士で話し合いをするのは大変です。そういうときに相談に乗ってくれたり、仲裁してくれたりするコミュニケーションマネージャーがいたから、GO TODAYでは快適に働くことができていたんだなぁと。

また、GO TODAYにはサロンの使い方を説明するブックがあり、サロンの開け方や締め方にはじまり、材料の置き場所や管理の仕方など、細かいところまで書かれています。こうしたルールがないと、例えば一人ひとり材料の管理の仕方がバラバラになってしまい、トラブルが起きやすくなるんですよね。ルールや仕組みがしっかりしているから、みなさんのサロンの使い方もキレイです。

そして、もしかしたらこれが他のシェアサロンとの最大の違いなのかなと思うんですが、GO TODAYで働く人たちはフリーランスなんですけれど、チームワークや助け合いを感じるんですよね。GO TODAYの仕組みやルールに加えて「助け合いの文化」があるから、気持ちよく働けるんだろうなぁと思いました。

アンバサダーとして
「美容師は楽しい!」を体現したい

日本と海外を行き来しながら美容師をしたいという私の希望を、GO TODAYが前向きに受け入れてくれたこともありがたかったです。私が今おつきあいしている方が帰国することになったので、2022年から日本と海外の2拠点生活が始まりました。日本で美容師として働きつつ、海外で現地の暮らしや、旅行の様子を発信するというライフスタイルです。GO TODAYとしても、新しい美容師の働き方を発信していきたいということで、アンバサダーとして活動を発信していくことになりました。

今私は、会社員だったころには考えられなかったくらい、美容師という仕事とプライベートを充実させ、楽しんでいます。だからこそ、アンバサダーの活動を通じて、「美容師ってこんなに楽しく生きることができる仕事なんだよ」ということを発信したい。これから「日本と海外を行き来する2拠点生活のリアル」や「世界の自然がつくりだす絶景」を見てまわる旅の様子などを紹介していけたらと思っています。

幸せなフリーランス美容師を
増やしたい

多くの人が美容師という仕事を好きで選んでいると思います。けれど、無理をしすぎたり、頑張っているのにお給料が少なかったり、自分の時間もつくれなかったりしたら、仕事が嫌いになってしまうのも仕方がありません。でも、環境や働き方を変えれば「美容師は楽しい」と思えるようになるものです。

フリーになると技術面で成長しなくなると心配している人もいるかもしれません。私自身は、フリーになってからのほうが上手くなったと思います。特にGO TODAYには、さまざまなサロンで技術を学んできた人がいるし、フリーでやっていけるだけの実力を持っています。しかも、みんな心に余裕があるから聞けば教えてくれるんですよ。

なんとなくフリーになるのが怖くて踏み出せてない人もいると思います。でも私の周りには「フリーランスになってよかった」という人しかいません。「自分の生活を向上させたい」「楽しく美容師をしたい」という人は、ぜひGO TODAYへ。充実した毎日が、待っています。

■プロフィール

RINKA
GO TODAY SHAiRE SALON公式アンバサダー

東京都出身。国際文化理容美容専門学校国分寺校卒業。都内有名店に入社し、当時の史上最速レベルでスタイリストデビュー。より自分らしい働き方を求めて、GO TODAY SHAiRE SALONでフリーランス美容師としての活動をスタート。別のシェアサロンを経て、GO TODAY SHAiRE SALONに復帰し、アンバサダーに任命される。2022年より日本と海外を行き来するデュアルライフにチャレンジ。