2022年03月18日

仕事と育児をマイペースで! 心に余裕があるから明るい未来を描ける。- 榎本里佳 / SHAiRE STORY

働き方の選択肢が広がり、美容師の魅力や能力が解放される時代がきました。GO TODAY SHAiRE SALONには、自身の能力を最大限に発揮する『次世代型ビューティシャン』が集まっています。技術に特化する方、美容師以外の働き方をする方、子育てをしながら自分のペースで働く方、コミュニケーションマネージャーとしてコミュニティ運営をする方。これまででは実現し得なかった自分らしい働き方をGO TODAY SHAiRE SALONで体現しています。

そんな次世代型ビューティシャンの一人である榎本里佳さんに、GO TODAY SHAiRE SALONに所属する以前と現在のこと、そして将来ビジョンについてインタビューしました。仕事も家庭もプライベートも自分らしく過ごしている榎本さん。結婚や出産、育児とサロンワークの両立を目指している方必見のインタビューです。

小学生のときに美容師になると決意。夢は「自分の子どもの髪を切ること」

私の母は美容師で、今は訪問美容に携わっています。幼い頃から母の仕事ぶりをみていたし、高校に入るまでずっと母に髪を切ってもらっていました。小学生くらいのころから美容師になると決めていましたし、「自分の子どもの髪を切ること」が夢だったんです。

高校生からは表参道や原宿の美容室に通い始めました。そこで見た美容室の雰囲気や、美容師の姿に惹かれ「私も東京で美容師をしたい」と思うように。そして、美容専門学校で学んだのち、表参道のサロンで働かせてもらえることになりました。雑誌にも出ているし、芸能人もくるようなサロンで、技術も接客も高いレベルが求められるし、叱られることもありましたが、美容師の基礎をしっかり身につけられたと思います。素敵な先輩方にも恵まれました。

入社から11年間、同じサロンで働きました。子どもが産まれてからは、10時半から16時までの時短勤務。働き続けられるように配慮 をしていただきありがたかったのですが、産休でブランクがあったこと、夜の予約が受けられなくなったことなどもあり、収入も下がり、予約が入っていない時間もサロンにいなくてはいけない時間も増えて、「この時間をほかのことに使えたら…」と思 うように。そのころから、フリーランスになることを意識しはじめました。

出産・育児からの復帰を応援する言葉が決め手でGO TODAY SHAiRE SALONを選択

私より先にフリーランス美容師になった人から、「時間の融通がきくし、収入もアップしたよ」という話を聞くことが度々ありました。知人がフリーランス美容師をしていたので、取締役である珠実さんを紹介してもらうことに。

他のシェアサロンの見学にも行ったのですが、担当の方に「二人目を授かっても復帰させてくれますか?」と聞くと、「一度、所属から外れてください」とのこと。一方で、珠実さんは「戻って来られる仕組みをつくりましょう」と言ってくださったので、GO TODAY SHAiRE SALONに決めました。私はお客さまのためにも、できるだけ同じ場所で続けたいと思っていたので、珠実さんの言葉は本当にありがたかったです。GO TODAY SHAiRE SALONは、シェアサロンの中では大手で設備も整っているし、働きやすい環境をつくるために動いてくださるコミュニケーションマネージャーの存在なども、フリーランス美容師になる上での安心材料になりました。

フリーランス美容師になったのは2021年7月から。それから半年が経ち、新しい働き方にも慣れてきました。今は効率的に予約を入れられるので、育児や家事のために使う時間が増えました。しかも、歩合が高いので、働く時間は減っているのに、収入は増えています。

技術面でも成長を実感しています。私はフリーになるまで一つのサロンしか勤めたことがなかったので、基本的にそのサロンの技術しかわかりませんでした。GO TODAY SHAiRE SALONには、さまざまなサロンを経験し、技術を磨き、知識を蓄えている人たちがいます。そういう人たちと話をしたり、技術をシェアしたりする機会があるので、技術者としても刺激を受けられる環境です。

保育園に子どものお迎えに行く前に買い物や家事を済ませられるので心にゆとりがある

お客さまのお出迎えからお見送りまでマンツーマンでやるので、お客さまとのコミュニケーションも濃密になりました。フリーランス美容師になるまでは、アシスタントに任せている部分も多かったので、じっくりお話しする時間をつくれなかったのです。今では、施術後に食事にご一緒するなど、より親密にすごすことができています。お客さまからも「お話できる時間が増えて嬉しいです」と言っていただきました。

仕事が終わってから保育園にお迎えに行き、それから子連れで買い物をしたり、家事をしたりするのは大変です。今の働き方なら、保育園にお迎えにいく前に買い物や家事を済ませることができるので、子どもと真っ直ぐ向き合う時間も増えました。子どもと手をつないで歩いて帰っているとき、幸せを感じています。

あらためて振り返ってみて、GO TODAY SHAiRE SALONで働くようになって一番よかったなと思うのは、「余裕」が生まれたことです。時間的な余裕ができたし、収入面でもゆとりができました。この余裕があるから、無理のないスケジューリングができるし、私もイライラしなくて済むから家庭の平和が保たれます(笑)。子どもはまだ2歳で、一人ではご飯も食べられないし、お着替えもできません。手がかかる時期だからこそ、この余裕はすごく大きいですね。

心に余裕が生まれたことで、将来をイメージできるようになった

それに、心に余裕が生まれたことで、将来のことを考えられるようになりました。余裕がないときは目の前のことしか考えられなかったのですが、最近では「ゆくゆくは1軒家を建てて、そこで家族仲良く暮らしていきたい」という幸せなイメージが湧いています。そこに美容室も併設して、そこでお客さまの髪を切るのが夢です。というのも、子どもに「お母さんがいなくて寂しい」という思いをさせたくないのです。できるだけそばにいたいと思っています。まだ先の話ですけれど。

もちろん、表参道での仕事も大切にしたいので、2拠点で働くことができるのが理想です。こんな風に、時間に余裕が生まれたこと で、自分らしい働き方や、生活スタイルなど、新しい可能性が膨らんでいます。
もしも今、目の前のことで精一杯で、未来が見えない と思っている人がいるとしたら、自分に向き合えるフリーランスを選択するのも一つの道だと伝えたいです。

■プロフィール

榎本里佳
GO TODAY SHAiRE SALON 表参道店

千葉県出身。東京文化美容専門学校卒業後、都内激戦区にある有名サロンで11年間の経験を積む。第一子誕生後にライフスタイルが変わり時短勤務をしていたものの、よりフレキシブルな働き方を実現するためにGO TODAY SHAiRE SALONへ。子育てをしながらフリーランス美容師として活動している。

■instagram
@rika___enomoto