2022年03月25日

美容師歴半年でフリーランス美容師に! YouTubeでも人気の「次世代ビューティシャンの星」- フカウラ シュウタ / SHAiRE STORY

働き方の選択肢が広がり、美容師の魅力や能力が解放されるようになりました。GO TODAY SHAiRE SALONには、そんな自身の能力を最大限に発揮する『次世代ビューティシャン』が集まっています。

そんな次世代のビューティシャンたちを紹介し、働き方に悩む美容師・ネイリスト・アイリストの背中を押す、SHAiRE STORY。今回は、美容師歴半年でフリーに転向した珍しいキャリアの持ち主であり、男性向けYouTubeチャンネルで人気を集めるフカウラ シュウタさんに迫ります。異次元のスピードでキャリアを構築する「次世代ビューティシャンの星」の軌跡をご紹介します。

長崎県の離島から上京
学生時代からフリーランスを意識していた

僕が美容師を目指すきっかけになったのは、OCEAN TOKYO三科光平さんのYouTubeチャンネルです。ヘアセットなどの動画を見て興味を持ち、発信力のある有名美容師たちの存在を知りました。原宿や表参道で活躍している人が多かったので、「自分も上京して最先端の場所で勝負したい」と考えるように。長崎県の離島出身の僕からすると、とても大きな決断でした。

高校卒業後は、早稲田美容専門学校へ。美容師の仕事がリアルにイメージできるようになり、自由に、主体的に、自分らしく働ける「フリーランス美容師」の存在を知りました。「まずはサロンで実績をつくり、いずれはフリーランス美容師になろう」とそのころから考えていたんです。まさか、卒業して半年でフリーになるとは自分でも想像もしていませんでした。

就職活動では第一希望のサロンの最終選考で落選し、友人に誘われて前職のサロンに入社。偶然にもそこが半年でスタイリストデビューできる環境だったんです。専用のアカデミーで、1週間のうち数日はレッスンに専念。入社3カ月で技術や接客の基礎を学び、残りの3カ月でモデルをカットしてデビューする流れでした。

かなり早く技術を習得できたこともあり、実際には前職のサロンに半年間在籍しませんでした。休日にもたくさんモデルさんを入れて経験を積んだ甲斐があり、基本的な技術を習得できていたからです。練習量はもちろん、自分に足りない部分を分析するなど、「どうしたら効果的に習得できるか」を誰よりも考えながらやっていたと思います。また、フリーランス美容師になるにあたり、幅広い書籍を読んでマーケティングを学びました。自分で集客するために不可欠だと思っていたからです。

YouTubeチャンネルでの集客を決めた四つの理由

活動の場としてGO TODAY SHAiRE SALONを選んだ理由は、シェアサロンの中でもっとも規模が大きく、美容師・YouTuber・経営者として活躍している宮永えいとさんなど、自分が理想としている働き方を実現している先輩たちがいたからです。

フリーになった時点では、お客さまはゼロ。最初はminimoで集客していましたが、なかなか単価が上がらなかったので、YouTubeに軸足を移してみようと考えました。YouTubeを選んだ理由は四つあります。

まず一つめは、流行のヘアデザインや低価格などではなく、自分の人柄で勝負できること。YouTubeなら自分の話し方や空気感、ヘアスタイルの世界観を伝えられます。そのため、YouTubeを見てきてくださるお客さまは、料金が安いからではなく「この人に任せたい」と思って選んでくれます。だから、長いお付き合いができると思うんですよね。しかもマンツーマンで、丁寧に施術するので、料金にも納得してもらいやすいと思います。

二つめは、マーケティングやメディア構築、コンテンツ制作など幅広いスキルが身につくことです。動画をつくるのには、「伝わる台本」を書く力や、「聴き心地のいいトーク力」、映像や文章の編集力などが欠かせません。これら全てが美容師を含む、さまざまな活動で生かされています。

YouTubeで結果を出せない人の多くは、「途中でやめているから」だと思います。僕もチャンネルが収益化できるレベルになるまで時間がかかりました。登録者数が伸び悩む時期も腐らずに続けられたのは、 「YouTubeチャンネルを運営する中で学んだことは絶対に無駄にならない」と思っていたからです。

三つめは、YouTubeの動画が、お客さまがおうちに帰ってから、僕の代わりにドライやセットのやり方を伝えてくれるからです。サロン以外の場所でお客さまにやり方を伝えられるのは、動画ならではの強みだと思います。

そして四つめは、YouTubeがメディアとして収益を生み出すところです。例えば、Instagramは集客にはつながりますが、直接収益を生み出すわけではありません。 YouTubeチャンネルが、美容師に続く事業の柱になる可能性があるところにも魅力を感じました。

GO TODAY SHAiRE SALON所属後は週4日サロンワーク、残り3日は動画編集やインプット

YouTubeチャンネルの方向性を決める上で、最も大事なのは視聴者の設定だと思います。ターゲットはカッコいいメンズサロンに行きたいけれど、にぎやかな感じや、イケイケな雰囲気に馴染めない男性です。僕自身が内向的だし、今勢いのあるメンズサロンにはちょっと馴染めないタイプなんですよね。だから、落ち着いたトーンで初心者向けに解説することで、他のチャンネルやサロンと差別化ができていると思います。僕と同じような落ち着いた雰囲気の方や、「ちょっと美容室が苦手」という方が、僕を選んでくださっています。おかげさまで土日は1カ月先まで予約が埋まっている状況です。

現在は週4日間サロンワークを行い、残りの3日間はYouTube用の動画撮影や編集、そのほか幅広くインプットすることを心がけています。書籍でインプットすることも、ちょっと良いお寿司を食べに行くこともインプットです。良質なアウトプットは、良質なインプットから生まれると思っています。正社員として働いていると、基本的には週5日、6日は終日サロンで働くことになるので、今のようにインプットとアウトプットのバランスの良いライフスタイルは実現できなかったと思います。

自分の生き方を、自分で決めたい方はGO TODAY SHAiRE SALONへ!

フリーランスは教育面で課題があると思われがちですが、むしろ僕は、フリーランスになってからのほうが、得意分野を伸ばすことができています。オンラインサロンやセミナー、Instagramなどで、カラーやパーマ、メンズカット、撮影などのスペシャリストの方が、その真髄を学ばせてくれるからです。人の技術を見て盗む気概がある人ならフリーランスになったほうが伸びると思います。

自分の頭で考えて、自由に物事を決められる人なら絶対にフリーランス美容師が合うはず。僕自身がまさにそれで、自分で自由に決められないと嫌なタイプなので、フリーランス美容師以外の選択肢は考えられません。

今後の目標は、YouTubeと同じように、例えば商品企画・販売など、僕がいないときもお客さまのヘアケアを助けることができ、なおかつ収益もあげられる仕組みづくりをすることです。GO TODAY SHAiRE SALONにはオリジナル商品を生み出している人がいますし、インフルエンサーのブランドはどんどん増えてきています。僕もそれに倣い、いずれカタチにしたいです。

■プロフィール

フカウラ シュウタ
GO TODAY SHAiRE SALON 青山

長崎県五島列島出身。早稲田美容専門学校を卒業後、都内の人気サロン勤務を経て、美容師歴わずか半年で、フリーランス美容師に転向。現在はGO TODAY SHAiRE SALONで週4日サロンワークをしながら、チャンネル登録者数6万2200人以上(2022年3月現在)のYouTubeチャンネル「フカウラシュウタ」を運営している。

■YouTube…フカウラシュウタ
https://www.youtube.com/channel/UCXAIGqGdLLi__Xk-SKMy2MQ

■Instagram
https://www.instagram.com/shuta_fukaura/?igshid=cv0mkqnf0ijj