2022年05月27日

超人気サロンの指名数No.1からフリーランスへ。自由を手にした今思うこと。 – kotomi / SHAiRE STORY

働き方の選択肢が広がり、美容師の魅力や能力が解放される時代がきました。GO TODAY SHAiRE SALONには、自身の能力を最大限に発揮する『次世代型ビューティシャン』が集まっています。技術に特化する方、美容師以外の働き方をする方、子育てをしながら自分のペースで働く方、コミュニケーションマネージャーとしてコミュニティ運営をする方。今までは実現し得なかった自分らしい働き方をGO TODAY SHAiRE SALONで体現しています。

そんな次世代型ビューティシャンの一人がkotomiさんです。人気店でバリバリ活躍していたkotomiさんがどうしてフリーランスになったのか、そして今どんな働き方をしているのかインタビューしました。今、理想の働き方を模索している美容師さんに読んでいただきたいです。

人気サロンでトップスタイリスト&副店長
指名数とリピート率もトップだったけれど…

青山、表参道で働く美容師になりたくて、美容専門学校卒業後に有名店に入りました。もともとはレディースのヘアデザインをしたかったのですが、入ったサロンが男性に人気だったので、私もいつしかメンズのヘアデザインが中心になりました。

前職のサロンには9年勤めて、副店長まで担当していました。所属していた店舗での指名数は常にトップで毎日忙しくサロンワークをしていました。1日の入客数は20人前後。当然、お客さまは重なるし、お待たせすることもあって心苦しいこともあったんですよね。

髪を洗って乾かしただけで決まる「さらっとマッシュ」というスタイルがヒットして、一気に指名が増えました。ありがたいことに現在もその頃のお客さまの大半に通い続けていただいております。

指名数だけではなく、リピート率にもこだわっていました。どんなに忙しくても、流れ作業はしない。私一人じゃなくて、チームでリピートしてもらうために心を尽くす。アシスタントであっても、一人ひとりが上質な仕事をする。もちろん、次回予約もしっかりとる。そうやって最強のチームづくりを目指していたんです。

やがてリピート率もトップになると、次の目標を見つけられない自分がいたんですよね。次第に「もっとお客さまとじっくり向き合えるようになりたい」と考えるようになりました。

フロアの明るさや開放感にひかれGOTODAYへ
フリーランスだけれど孤独じゃなかった

自分で働き方を決めるために、フリーランスに興味を持ちました。ただ、会社を辞めることは勇気がいることでしたし、周りからは「絶対に大丈夫だよ」と言われていたけれど、不安はありました。

悩んだ期間は長かったんですが、思い立ったときには見学に行っていましたね。案内してくれた本社のヒロセさんがとても親切でしたし、渋谷Sol店の明るく、開放的な雰囲気も気に入りました。

実際に働き始めてから感じたのは、有名店などでしっかりとした技術を身につけてからフリーになる人が多いので、全体的に技術力が高いことです。しかも、その技術をフリーランス同士で共有しているんですよ。気になる技術はどんどん聞いて色々と勉強させてもらっています。

これまで自分がやってこなかったブリーチの塗り方を教えてもらったり、ショートカットが得意な人から切り方を教えてもらったり。あとは、ハイライトの入れ方も、人によって違うのでとても興味深いです。

スタイリスト同士のコミュニケーションもありますし、フリーランスなんだけれど孤独じゃない。何か困ったことがあれば聞けるし、みんなで助け合っていますね。

マンツーマンでお客さまとじっくり向き合える
久々のシャンプーで初心に返ることもできた

お客さまも、GO TODAYに拠点を移したことを喜んでくれています。第一声は「落ち着いた空間だね」という感じでした。というのも、前のサロンではお待たせしてしまったこともあったんですよ。今は予約時間通りに施術をスタートできますし、マンツーマンでじっくり向き合うことができます。

ただ、今はアシスタントがいないので、1日にたくさんの予約を受けることができません。前のサロンと比べると半分くらいしか入客できないのは心苦しいです。お客さまもそのことを理解してくださっているので、私の予定にあわせてくださっています。とてもありがたいことですね。

シャンプーから一人で担当するのも慣れないうちは大変でした。でも初心に返ることができたし、シャンプー、カラーやパーマも細部まで自分の手でこだわることができます。カットだけではなく、シャンプーに喜んでくださるお客さまもいるんですよ。

サロンワークでバタバタするような忙しさもなくなりましたし、お客さまに負担を感じてほしくないので料金は変えていません。また、週休2日のペースで働いていますが、前のサロンも週休2日だったので、その辺りも大きくは変わっていないですね。

同じフリーランスであってもより環境を選びたいならGO TODAYを推したい

実際にフリーランスになってもうすぐ1年になりますが、デメリットを感じたことはありません。自分で時間をつくることができるし、高い技術を学ぶことができるし、想像以上に満足している自分がいます。

GO TODAYには、サロンワークだけではなく、ヘアメイクやYouTubeなど、自分の特技を活かして別の仕事もこなしている人がいます。サロンワークが大切なことには変わりはないですが、私もいずれ仕事の幅を広げていきたいと考えております。

そしてプライベートもより充実させたいですね。私は旅行が好きなので、いつか連休をとって旅行にいきたいと思っています。休みを自由に決められるのもフリーランスならではの魅力。コロナが収まったらハワイや、2月のオーストラリアに行きたいと思っています。オーストラリアは南半球にあるので2月は真夏なんです。これまで2月は長期休暇を取れない環境だったので、フリーになったら絶対に行きたいと思っていました。

フリーランスになったときは不安もありましたが、今は自分らしく、伸び伸びと働くことができています。それにGO TODAYは心地よい距離感のつながりもあります。なので、同じフリーランスであっても、働く環境選びは大切です。今、理想の働き方ができていない人はGO TODAYでフリーランスとして働いてみるのをオススメしたいですね。

■プロフィール

kotomi
GO TODAY SHAiRE SALON 渋谷Sol店

東京都出身。山野美容専門学校卒業。都内有名店で9年間勤めトップスタイリストに。副店長も務める。メンズマッシュでブレイクし、現在はセンターパートスタイルで人気沸騰中。メンズだけではなく、レディースにも支持される。20217月よりGO TODAY SHAiRE SALONに加入し、現在に至る。

■instagram
https://www.instagram.com/ktm.1210/